じぃじの喫煙室

アクセスカウンタ

zoom RSS 風船唐綿(フウセントウワタ)

<<   作成日時 : 2009/02/16 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

近所の歩道と車道の間にある花壇に植わっている種?実?去年の夏頃からとても気になっていた。
 この写真は昨年11月11日のものですが花がなくなった以外は今もほぼこのままで、名前も判らずモヤモヤとしていた。
 2月15日(日)ネットの掲示板で名前を教えて下さいと問い合わせると間髪を入れず1.5時間後には「フウセントウワタですよ」と教えてくれた。
さっそくフウセントウワタで検索するとブログ、HP、ウィキペディア等々多くのヒットがあり、メジャーな植物と判った。

画像和名「風船唐綿」とあり、唐の綿と名付けた所から推測すると昔々に日本に入って来たのではないかと思う。
風船唐綿(ふうせんとうわた)
科 名:ガガイモ科
別 名:フウセンダマノキ(風船球の木?)
原産地:南アフリカ
草 丈:1m〜2m
一年草?多年草?

 元々暖かい気候では毎年花を咲かせて実を付ける多年草なのですが、寒さにやや弱く、冬に枯れてしまう事が多いので春に種を蒔いて、夏に花が咲き、秋に実を楽しむと冬の寒さで枯れてしまう「春蒔き一年草」として扱うのが一般的です。
霜の心配のない暖かい地域なら屋外でも冬越しが可能で、一度植えると数年楽しむ事も出来ます。
 栽培は日当たりが良く、水はけの良い土壌なら特に場所を選ばないが、肥沃な土壌の場合は嫌になるほど大きく茂る場合があるので、むしろ痩せ気味のほうが姿もまとまります。肥料も殆んど必要ないでしょう。

 名前の唐綿の由来は風船の中に種があり、熟すと風船が割れて綿毛に包まれた種が現れるらしいが私は未確認です。
気になったので今日行って見て来ましたが、さすが花は終っていましたが風船や葉っぱはこの写真のままの緑で枯れる素振りもありません。
やはり暖冬なのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この風船唐綿
独特の姿を見たら気になりますよねー!
私も長い間ずっと名前を知りたいと思ってました。
種まきして育ててみたいと思ってるんですが
ちと大きすぎ。残念です(^_^;;
今年は暖冬なんでしょうね。
葉を落として休眠する植物に葉が付いたままです。
ゆりりん
2009/02/19 11:26
本当に気になる変な姿です。
綿の種子を見たいのですがまだまだのようです。
これも暖冬の影響でしょうね。
TVで賑わせている「河津桜」がこちらでもチラホラと咲いていました。
河津桜は早咲きで有名ですが・・・
旅爺
2009/02/19 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
風船唐綿(フウセントウワタ) じぃじの喫煙室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる