じぃじの喫煙室

アクセスカウンタ

zoom RSS 野の花 〔ゲンノショウコ〕

<<   作成日時 : 2010/06/18 16:01  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲンノショウコ
フウロソウ科フウロソウ属
ゲンノショウコとは現の証拠として昔から下痢止めの薬草(漢方薬として)重宝されて来た。
画像画像














ゲンノショウコは日本各地の草原や路傍、田畑のあぜ道等に自生する。
花は紅色と白色があり、紅色は西日本に多く、白色は東日本に多いと言われている。
画像花径:2cm程度、花弁は5枚で葉は掌状に分かれる。
草丈:30〜40cm、茎は細く他の植物にもたれかかる。
別名:フウロソウ、ミコシグサ、玄草
薬効:ゲンノショウコはどくだみ、センブリ等と共に日本の民間薬の代表格である。江戸時代から民間薬として用いられて「本草網目啓蒙」にも記述がある。今の日本薬局方にも「ゲンノショウコ」として認められている。ただし、漢方薬としては処方されない。有効成分はタンニンである。
 根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃腸薬とし、また茶として飲用する。飲みすぎても便秘を起こさないので優秀な整腸生薬として「医者要らず」、「たちまち草」等共呼ばれている。



農園のゲンノショウコ・堀上げ苗 3個?野草茶を作ろう♪?
旬の野菜と果物 しえるてお
販売期間  5月?お届け箇所 ご注文をお受けしてから、地面から堀上げ、ポリポットに入れてお届けします

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野の花 〔ゲンノショウコ〕 じぃじの喫煙室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる